7.1 はじめに

この章では、Aproc-1をデーターレコーダとして使うためのソフトウェア AprocR について説明します。

AprocR は 記録専用のソフトウェアです。プログラミングの必要はありません。 ウィンドウ上で記録条件を設定して動作させると、Aproc-1 の入力したデータをパソコンのメモリへ記録し、 表示や保存が可能になります。

以下の事項については、AprocS と共通になりますので、本文を参照してください。

  1. Aproc-1 をご使用するうえでの留意事項は、「1.5 注意事項」 を参照してください。
  2. ソフトウェアのインストールは、 「2.ソフトウェアのインストール」 を参照してください。
  3. Aproc-1の外観や信号の接続は、「4.ハードウェア」 を参照してください
  4. 表示された記録データの操作方法は、 「5.3 ディスプレイウィンドウ」 を参照してください。

第1章 「 Aproc-1の主な仕様 」 からデーターレコーダに関する部分の抜粋です。

項 目性 能
チャンネル数8(16まで増設可能)
分解能16ビット
電圧範囲±10V、±5V
サンプリング方式全チャンネル同時サンプリング
入力インピーダンス1MΩ
精度±6LSB(±10V時)、±12LSB(±5V時)
直線性±2LSB
アンチエイリアスフィルタ帯域12KHz(±10X時)、10KHz(±5X時)
入力絶縁なし
過電圧保護±16.5V以内
コネクタDSUB15P
最大記録速度(最小記録周期)8×100Kサンプル/秒(10μ秒)
チャンネル増設時は16×50Kサンプル/秒(20μ秒)
トリガ入力内部トリガ
平均化機能あり

Aproc-2の場合は、下記項目が異なります。それ以外はAproc-1と同じです。

項 目性 能
チャンネル数8(増設不可)
電圧範囲±10V
コネクタDSUB37P のアナログ入力端子
最大記録速度(最小記録周期)8×50Kサンプル/秒(周期20μ秒)
平均化機能なし

 

7.2 ソフトウェアの起動

スタートメニューから AprocR を起動すると、データーレコーダの操作画面が表示されます。

操作画面には2つのページがあります。

「設定」のページには2つのパネルがあり、上のパネルで記録条件を、下のパネルでトリガ条件を設定します。
「グラフ」のページは表示画面(ディスプレイウィンドウ)の編集を行います。

 

Aproc-1を接続せずに起動した場合、USBの通信ができないため、このようなメッセージが表示され、 デモ運転となります。デモ運転ではシミュレーションにより操作を体験することができますす。

 

7.3 メニューとボタン

3つのメニューとそれに含まれるアイテム、および同機能のボタンを示します。

記録条件や表示の設定は「プロジェクト」で管理されます。 プロジェクトは、拡張子を "alp" としたテキストファイルです。 使用中のプロジェクトファイル名はウィンドウのタイトルバーに表示されます。

メニューとアイテムショート ボタン説 明



新規プロジェクトを
作る
なし 新規プロジェクトをつくるために初期化します。デフォルト設定になり、 タイトルバーの表示は「保存されていません」となります。
プロジェクトを開く 既存のプロジェクトを開きます。
プロジェクトを
保存する
プロジェクトを上書き保存します。
プロジェクトに名前を
つけて保存する
現在のプロジェクトを別名で保存します。
終了 AprocRを終了します。
操作記録開始 トリガ待ち状態になり、トリガ条件が満たされるか、メニューから「手動トリガ」が選ばれると記録が始まります。 トリガ「なし」の場合は直ちに記録が始まります。
記録停止


記録またはトリガ待ちを中断します。記録中の場合はそれまでに記録されたデータを表示します。 トリガ待ちのときは何もせずに以前の状態に戻ります。
手動トリガ 強制的にトリガ状態にして記録を開始します。「記録開始」操作されるまでは無効です。 ボタンは「手動トリガ」モードで現れます。
ヘルプ操作方法Mなし マニュアルを表示します。
バージョン情報Vなし AprocRのバージョンを表示します。
有馬電子機材なし 有馬電子機材のホームページを開きます。

 

7.4 操作の手順

データーレコーダの起動からデータ保存までの一連の手順を以下にまとめました。

操作手順選択内容
プロジェクトの
選択
AprocRを起動 前回終了時のプロジェクトが自動的に呼び出されます。
AprocRを初めて起動 デフォルトの設定になります。
修正後プロジェクト名をつけて保存します。
「ファイル」→「新規設定」
プロジェクトを開く 既存の設定を利用します。
条件設定 記録条件の設定「設定」ページ上側パネルを編集します 。→ 7.5 記録条件の設定
トリガの設定「設定」ページ下側パネルを編集します。 → 7.6 トリガの設定
グラフの編集「グラフ」ページを編集します。 → 7.7 記録表示の設定
プロジェクトの
保存
上書き保存 現在開いているプロジェクトファイルを現在の設定で置換します。
別名で保存 現在の設定に新しいプロジェクト名をつけて保存します。
信号の接続 信号の接続方法は、4.3 接続手順 を参照してください。
記録開始
トリガなし 「記録開始」 と同時に記録が始まります。
手動トリガトリガ待ち状態になり、 ボタン を押すと記録が始まります。
上昇(↑),下降(↓)
または交差(↑↓)
トリガ待ち状態になり、 トリガ条件が一致した時から記録が始まります。 メニュー「操作」→「手動トリガ」で強制的に記録が始まります。
記録中止  記録中であれば記録を中止し、採取した部分のデータを表示します。トリガ待ちであれば、 「記録開始」する前の状態に戻ります。
表示データの操作 記録時間が経過するとデータが画面に表示されます。画面の操作方法はAprocSと同一です。 → 「5.3 ディスプレイウィンドウの操作」
データの保存全データの保存 メニュー「全データの保存」を選び、ファイル名を指定します。
表示部分のみ保存データの一部だけを保存したいときは、 画面を拡大して保存したい部分を表示し、ボタンを押してファイル名を指定します。
AprocRの終了  設定変更後に保存していなければ警告が出ます。

 

7.5 記録条件の設定

「設定」ページの上側の枠にある記録条件を設定します。 5つありますが、記録周期と記録周波数はどちらか1方だけ設定すればよいので、実質的には4つです。

項目内容選択肢
記録周期

または

記録周波数

記録周期または周波数をブルダウンメニューから選択します。
記録周期と記録周波数は互いに逆数なので、いずれかを設定
すると他方は自動的に設定されます。

Aproc-2の場合、最大記録周波数は50KHzです。

記録周期記録周波数
10μ秒100KHz
20μ秒50KHz
50μ秒20KHz
100μ秒10KHz
200μ秒5KHz
500μ秒2KHz
1m秒1KHz
2m秒500Hz
5m秒200Hz
10m秒100Hz
20m秒50Hz
50m秒20Hz
100m秒10Hz
200m秒5Hz
500m秒2Hz
1秒1Hz
記録時間記録する時間をプルダウンから選ぶか、または数値を入力します。 数値を入力する場合、単位はs(秒)またはms(ミリ秒)を小文字でつけてください。

入力後Enterキーを押すと記録に必要なメモリ量がステータスバーに表示されます。

任意
入力レンジ
(Aproc-1のみ)
入力する電圧範囲をプルダウンメニューから選択します。
Aproc-2の場合は±10Vに固定されます
±10Vまたは±5V
平均化数
(Aproc-1のみ)
サンプリング時間に余裕がある場合、平均化を行うことによって分解能が向上することがあります。 余裕がない場合は警告が現れ、可能な回数に修正されます。

設定可能な平均化数は以下の○印がついた条件です。例えば、記録周波数が10KHzの場合は4回までの平均化が可能です。

記録周期記録周波数平均化の設定可能な回数
なし248 163264
10 マイクロ秒100KHz       
20 マイクロ秒50KHz       
50 マイクロ秒20KHz      
100 マイクロ秒10KHz     
200 マイクロ秒5KHz   
500 マイクロ秒
以上
2KHz
以下

 

7.6 トリガの設定

「設定」ページ下側のパネルにあるトリガ条件を設定します。

トリガを使う場合(トリガモードが「なし」以外の場合)、 記録開始ボタンを押すと、トリガ発生を待つ状態になり、 その後トリガが発生すると実際の記録が始まります。 なお、デモ運転ではトリガの選択は無視されます。

項目説明
トリガ
モード
なし 記録開始ボタンを押すと同時にトリガが発生し、
記録が始まります。 トリガ位置は 0%になります。
「トリガチャンネル」、
「しきい値」
の設定は無効です。
手動 トリガボタンを押すとトリガが発生し、記録が始まります。 停止するときはメニュー「操作」から「記録中止」します。
上昇(↑) 選択した信号が、しきい値よりも大きくなったときトリガが発生し、記録が始まります。 最初からしきい値よりも大きい場合は、いったんしきい値よりも小さくなった後、 再びしきい値よりも大きくなるまでトリガは発生しません。  → 例1
下降(↓) 選択した信号が、しきい値よりも小さくなったときトリガが発生し、記録が始まります。 最初からしきい値よりも小さい場合は、いったんしきい値よりも大きくなった後、 再びしきい値よりも小さくなるまでトリガは発生しません。  → 例2
交差(↑↓) 選択した信号が、しきい値を横断して増加または減少したときトリガが発生し、記録が始まります。  →例3
トリガチャンネル トリガ種類に「上昇」、「下降」または「交差」を選んだ場合に、 トリガ条件の判断に使う信号のチャンネル番号を選択します。
しきい値 トリガ種類に「上昇」、「下降」または「交差」を選んだ場合に、 しきい値の電圧を指定します。単位はボルト[V]です。
トリガ位置

トリガの発生した時刻を全記録時間のどこに位置させるかを%で指定します。

例えば、記録時間が100ms、トリガ位置が40%であれば、トリガ発生の40ms前から記録を開始し、トリガ後60msで終了します。

実際にはトリガ前から記録は始まっていて、トリガ時刻よりも40ms以前の記録を破棄して表示しています。 したがって、この場合、記録開始ボタンを押してから40msを経過する前にトリガが発生すると、 記録開始操作以前のデータはありませんので、その部分は表示されません。 → 例4

トリガの例です。

例1上昇(↑)
例2下降(↓)
例3交差(↑↓)
例4起動直後に
上昇(↑)

 

7.7 記録表示の設定

タグ名「グラフ」のページでは記録データの表示を設定します。 下の例は、デフォルトの設定画面とその設定により描かれたデモ用のデータです。 「グラフ」ページの「信号選択」で設定された4つの枠(フレーム)と同じように、 表示ウィンドウにも4つのグラフが描かれます。

 

「グラフ」ページの編集方法を示します。「信号名の変更」以外は AprocS のオペレーションウィンドウの 「5.2.5 グラフの編集」 と同じです。

編集項目グラフの編集方法
信号名の変更 信号一覧の中で名前を変更したいチャンネルの番号ボタン (「0」〜「7」と描いてある小さいボタン)を押すと、現在の名称が「信号名変更」の欄に表示されます。 それを修正してENTERキーを押すと変更されます。
フレームへ信号を追加 → 「5.2.4 グラフの編集」 と同じです。
新しいフレームの追加
信号やフレームの削除
信号の移動
信号のコピー
フレームの移動
フレーム内で信号の移動

 

7.8 データの連続性

サンプリング速度が速くなると、このようなメッセージの現れることがあります。

これは、Aproc-1 からデータを受信するときに取りこぼしが発生したことを示しています。 このデータを記録したのが以下の例です。 記録周期0.01ミリ秒のデータですが、24行と25行の時間差は0.02ミリ秒になっていて、 25行の最後には「不連続発生」という警告が入っています。つまり、0.23ミリ秒のデータが受信されていません。

 

データの不連続は、B列の count というデータに基づいて判断されます。 これは Aproc-1 から毎回決まった数(この場合は1)ずつ増えて送られてくる8ビットのデータです。 その24行目と25行目の間に不連続が発生しています。

不連続の原因は、USBによる通信の処理が間に合わないことによるものです。 対策として、サンプリング周期を長くするか、高速のパソコンを使う等を行ってください。

 


前のページ このページの先頭 改訂 2016/01/28