2. ダウンロードとインストール

2.2 USBドライバのインストール

2.2.3 Windows XpへのUSBドライバインストール手順

(1)
FTDI社のサイト( → こちら) からWindows用のドライバパッケージをダウンロードし、
どこかへ展開しておきます。 現在のバージョンは 2.12.28 です。
もしうまくいかない場合はこちらを使ってください → CDM v2.10.00 WHQL Certified.zip

(2)
Aproc-1 をUSBケーブルでパソコンに接続すると「新しいハードウェアの検索ウィザードの開始」が現れます。

もし現れない場合は、既にドライバがインストールされていますので、それをデバイスマネージャで削除してからやり直してください。

「いいえ、今回は接続しません」をチェックして「次へ」ボタンを押します。
(3)
「一覧または特定の場所からインストールする」をチェックして「次へ」ボタンを押します。
(4)
「次の場所で最適のドライバを検索する」
→ 「次の場所を含める」
→ 「参照」で (1)にて展開したフォルダ

"CDM v2.1x.xx WHQL Certified"

  を選びます
→「次へ」ボタンを押すとインストールが始まります。
(5)
この画面が現れれば終了です。
→「完了」を押します。

 


前のページ このページの先頭 次のページ